草コインは仮想通貨としての認知度が低く、1円未満で取引されることが多いです。

MENU

草コイン

 

仮想通貨で儲けたいと思っているなら草コインの知識を深めておきましょう。
草コイン投資という言葉がネットにはありますが、意味を理解していないと手痛いダメージを受けてしまいます。

 

仮想通貨は大きく分類するとビットコイン、そしてそれ以外のアルトコインに分けられます。
そんなアルトコインの中でも、さらにいくつか分類を分けることが出来るのです。
その1つが草コインです。
草コインとはどのような意味を持っているのか、その実態に迫りたいと思います。

 

草コインとは?

 

草コインの知識

 

草コインとは、極めてギャンブル性の高い仮想通貨のことです。
誕生したばかりの仮想通貨は認知度が低く、1円未満で取引されるのがほとんどです。
仮想通貨は大勢の人が価値を認めて初めて意味を持つものです。
流通し始めたばかりの仮想通貨は価値が低いのは当然だと言えるでしょう。

 

このように格安で大量に保有出来る仮想通貨を草コインと呼んでいます。
今後話題になれば保有している仮想通貨が何百倍、あるいは何千倍にもなる可能性があります。

 

競馬で例えるなら、最もオッズの高い大穴に投資するようなものでしょう。

 

草コイン投資について

知名度が低く仮想通貨としての価値が無い草コインを大量に買う投資があります。
話題になる前に大量の仮想通貨を購入しておけば、売りに出した時に莫大なお金が手に入ります。

 

しかし、大半の草コインは価格が暴騰することなく消滅してしまうのです。
消滅とまでは行かなくても、まったく価値が上がらずに放置されているケースも少なくありません。
最悪なのは詐欺コインで、仮想通貨として運用する気は無く投資したお金を持ち逃げされる被害も報告されています。

 

草コインは極めてギャンブル性の高い投資というのが理解出来たでしょう。

 

10万程度の少額で草コインを購入するなら良いですが、数百万以上の金額を投資する場合は気を付けてください。

 

特に今後値上がりすると持ちかけられた話は絶対に疑ってかかるようにした方が良いです。仮想通貨を株だと考えると、似たような詐欺事件は山のようにあるのです。

 

ちなみに、草コインで儲けようと考えるならそれなりの資金力が必要になります。
草コインは数百種類にも及ぶので、数を絞ったとしてもそれなりの数の銘柄を購入しなければいけないからです。
宝くじを買うようなイメージに近いですが、事前の情報収集や分析で結果がやや変わるのがおもしろい部分でもあります。