モナコインは国産の仮想通貨でネット通販で使用できる場所も登場しています。

MENU

モナコイン

 

モナコインの画像

 

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨はすべて海外発祥のものです。
日本はやや出遅れている印象ですが、実は国産の仮想通貨も存在しています。
それがモナコインです。

 

ライトコインという仮想通貨とほぼ同じ仕組みで誕生したモナコインは独自のアップデートを続けて今に至ります。
その結果、独自性の強い仮想通貨へ見事に昇華出来たのです。

 

ちなみにモナコインは2013年に公開されたもので、今ではモナコインに対応したネット通販も登場しています。
着実に普及し始めたモナコインのこれまでと今後について紹介したいと思います。

 

モナコインのこれまでの動向

ビットコインのブロック生成は10分なのに対して、モナコインは約2分ぐらいとなっています。
そのためビットコインよりも送金が5倍も早いことになるのです。
後発の仮想通貨なのでしっかりとメリットが分かるように作られています。

 

また、モナコイン誕生時は100円にも満たない価値でしたが、2017年の10月には2400円まで急騰したのです。価値が約24倍になったので、仮に100万円をモナコインに投資していたら2400万の価値になったのです。
理由は諸説ありますが、日本で知名度の高い取引所のビットフライヤーがモナコインを取り扱ったことが起因していると言われています。

 

モナコインは既に通販サイトで利用が可能になっており、円が使えないサイトにも対応しています。
まだまだ数は少ないですが少しずつ増えているため、今後もモナコインは普及して行くでしょう。

 

日本独自の価値があるモナコイン

モナコインはガラパゴスと呼ばれる日本独自の進化を続けて行く可能性が高いです。
パソコンパーツや食品を購入出来る通販サイトがありますし、投げ銭システムも存在しています。
相手のTwitterアカウントを知って居れば相手にモナコインを送金出来るのです。
非公式ですが擬人化キャラなどもSNSを賑わせており、仮想通貨の枠を飛び越えた広まり方をしています。

 

価値そのものはまだまだ低いですが、だからこそ魅力的な存在だと言えるでしょう。

周囲がモナコインの価値に気付いてから行動したのでは出遅れています。

人気の兆しが出る前に行動出来てこそ投資の恩恵を強く受けられるのです。