ライトコインはアルトコインの中でも初期に誕生した仮想通貨です。

MENU

ライトコイン

 

ライトコインの画像

 

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインという総称で呼んでいます。
そんなアルトコインの中でも先陣を切って開発されたのがライトコインです。
理念としてはビットコインよりも日常生活に根差した仮想通貨となっています。

 

その理念通り、決済が10分程度かかるビットコインに対して、ライトコインは2分半程度で完了します。
日常生活の中でもかなり使いやすい部類に入るでしょう。

 

では、2011年から何年も経過している現在ではどのような価値を持つのでしょうか?
ライトコインの現状について紹介したいと思います。

 

ライトコインの今

冒頭で書いたようにライトコインやモナコインはアルトコインの中でも初期に誕生した仮想通貨です。
ビットコインよりも日常に根差すことを目的としており、決済のスピードは飛躍的に上昇しました。

 

しかし、決済が早い魅力がある反面、ハッキングなどのセキュリティー面ではややリスクが残る状態となりました。
大きな問題は出ていないもののリスクがあることには変わりありません。
日本国内ではあまり人気が無いように感じるライトコインですが、アメリカなどの海外では根強い人気を誇っています。

 

初期に誕生した仮想通貨であり、長い運用経験があるのも評価の一因なのです。
時価総額でも上位に浮上しているので無名の仮想通貨よりも遥かに魅力的なのは間違いないです。

 

ライトコインの展望

ライトコインの魅力は決済スピードの早さであり、ビットコインに勝る部分だと言えます。
ですが、誕生当時は魅力的だったメリットも、現在ではその優位性が失われつつあります。
数秒で決済が完了する仮想通貨も誕生しており、スピード重視がアピール要素にならなくなっているのです。

 

現状でも高い時価総額を維持しているのは、長い運用実績による信頼が大きいと言えます。
やや将来性に欠けるライトコインですが、今後改善が行われてハードフォークが行われる可能性はあります。
ビットコインの避難先とも言われているため、価格が跳ね上がる夢があるのも事実です。
草コインなどを買ってギャンブルするよりも堅実な投資になるのは確実でしょう。
市場の動向を見つつ少なからず保有してみても良い仮想通貨です。

 

なおライトコインとほぼ同じ仕組みで誕生したものに「モナコイン」という仮想通貨も存在します。