アルトコインに分類される銘柄が多過ぎるので、ビットコインと区分けをしたのです。

MENU

アルトコインとは?

 

ビットコインのまわりにちらばるアルトコインの画像

 

仮想通貨に興味を持ち始めると、いろいろな単語を目にするようになります。
そうした中で気になるのがアルトコインについてです。
無数にある仮想通貨の中で、実はアルトコインは違った意味を持っているのです。

 

ビットコインやネムなど様々な仮想通貨が流通する昨今で、正確な情報を得ていないのは問題です。
ここではアルトコインについての情報を簡単にまとめるのでしっかりと覚えておきましょう。

 

アルトコインとは?

実は、アルトコインという仮想通貨の銘柄が存在している訳ではありません。
アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨の総称として使われているからです。
つまり、ビットコイン以外の仮想通貨は例外なくすべてアルトコインと呼ぶことが出来ます。

 

しかし、ここまではあくまでもアルトコインの定義の1つでしかないのです。
そもそもアルトコインの定義は明確に決まっている訳ではないからです。

 

例えばビットコインなどのように管理者が不在の仮想通貨であれば、ビットコイン以外はアルトコインと呼びます。ですが管理者が存在する仮想通貨もあるので、その場合はアルトコインの総称に含めるべきでは無いという意見もあります。

 

とは言っても、基本的にはビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと総称すると考えて良いでしょう。

 

誕生の経緯

仮想通貨には銘柄があるので、わざわざビットコインとそれ以外を区別する必要は無いように感じます。
普通の感覚ならそうなるのですが、どうにもアルトコインに分類される銘柄が多過ぎるのです。

 

アルトコインは作ろうと思えば誰でも作成出来てしまうので、膨大な数が誕生しては消えて行きます。
そこで銘柄1つ1つの名称を固有名詞にすると大変なためビットコインとそれ以外という区分けをしたのです。

 

アルトコインに分類される仮想通貨には様々な目的があります。
ペット保護に使うための仮想通貨、医療現場で使う仮想通貨などなど多岐に渡ります。
こうした独自の目的を持つものがアルトコインと呼ばれているのです。

 

また、ビットコインの弱点を改善するために開発されたアルトコインもあります。

ビットコインには実現出来ない理念やシステムを持つ総称だと考えると分かりやすいでしょう。

 

またアルトコインの中でも、さらにいくつか分類されており、その1つを草コインと呼ばれています。